COVID-19感染対策について

2021秋学期、学園への来園を許可


9月30日〔木〕

新型コロナウイルス感染症対策として関東エリアも含めて発出されていた緊急事態宣言が9月30日〔木〕をもって解除されることを受けて、みくに国際学園は秋学期受講生の湯沢町みくに国際学園への来園を10月1日〔金〕以降から許可することとしました。

来園にあたっては下記の点に注意してください。

  • 家庭内に体調不良の方がいる場合には、来校の日程をずらしてください。
  • 各受講生はそれぞれの地元でPCR検査を受けてからいらしてください。
  • 施設での生活が始まりましたら、毎日検温等の健康観察をしてください。
  • 来園後に体調がすぐれない場合には、つぎの3点を厳守してください。
  1. 必ず報告をする
  2. 他の受講生と交わる教室での授業や活動に参加しない
  3. 授業には各自の部屋からオンラインで参加する
  • 困った事や悩んでいる事があれば、遠慮なく現地サポーター、渡部先生、テトアヌイまで連絡してください。

【生活費の返金について】

来園できなかった期間分の生活費は返金対応させて頂きます。受講生の皆さんは、それぞれの振込先となる金融機関口座番号を経理担当者(テトアヌイ)までメール又はLINEメッセージでお知らせください。

※可能であれば、ゆうちょ銀行ですと助かります。

2021秋学期受講開始タイミングについて


現在、国内各地で緊急事態宣言の発令やまん延防止等重点措置の適用など、国・地方自治体による新型コロナウイルスの感染拡大対策がとられています。みくに国際学園ではこうした状況を踏まえ、2021秋学期受講開始のタイミングを下記の通りとします。

 

9月6日〔月〕/7日〔火〕…オンラインのみ

渡部正和先生によるオリエンテーション。

 

9月8日〔水〕…オンラインのみ

秋学期開講式。開講式以降の授業は予定通りオンラインのみで始めます。

 

9月13日〔月〕

※緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置の期限が予定されている12日で終わった場合に限り、

来校および学園指定施設での宿泊を許可します。受講内容は自宅受講と同じオンライン授業です。

但し、期限が延長された場合は国および地方自治体の方針に従って解除日の翌日以降となります。日程の再設定については、受講生の皆さんにあらためてご案内します。

 

また、いずれの場合においても入校もしくは宿泊施設に来られる場合は、2週間前から不要不急の外出といつも食事を共にしている家族以外との会食を避け、湯沢に入る直前3日以内にPCR検査を必ず受けていただくようにお願いします(検査費用は受講生ご本人もしくは保護者の方のご負担となりますので、あらかじめご了承ください)。到着後は、現地にて抗原検査を行います。

受講生の方が住んでおられる地域でワクチン接種が可能な場合は、できるだけ接種を済ませてきてください。2回目の接種は秋学期受講期間中になるかと思いますが、一時帰宅することは可能です。

夏合宿実施を前に


みくに国際学園を主宰する「特定非営利活動法人 国際教育研究会」の理事会では、日本国内のワクチンの接種が始まったとは言え、地域によって進捗度も大きく異なることと中高生の夏休み期間中を利用する夏合宿においては日程的に隔離期間を設けることが難しいということから、2021年夏合宿はオンライン形式のみで実施することと決定いたしました。

 

2021年7月6日

 

特定非営利活動法人 国際教育研究会

みくに国際学園

春学期実施を前に


みくに国際学園を主宰する「特定非営利活動法人 国際教育研究会」の理事会では、新潟県の指導のもと、2021年4月26日(月)から始まる3ヶ月間の春学期に関して、多くのご要望がある湯沢本校での対面授業について以下のルールをもってオンライン授業と併用する“ハイブリッド体制”を準備して実施することを決定いたしまいた。

滞在型受講を希望される皆様におきましては国内外の状況をご理解いただき、コロナウイルス感染防止に対する十分な対策を施した上でお越しいただければと考えております。

  • 受講を希望される皆様には申し込みの際に、
    ①湯沢本校にて受講(学園所有の専用施設にて宿泊)
    ②オンライン受講
    のいずれかを選択していただきます。
  • ①を選択された場合は、4月26日(月)の春学期初日1週間前(4月19日・月曜日)から学園専用宿泊施設に入っていただいて現地にて隔離生活を送っていただきます。この期間の生活費(食費を含む)は受講生ご自身の負担となりますので、あらかじめご了承ください。
  • 4月19日以降は、各受講生のご都合に合わせて随時事前入所していただくことが可能です。
    但し、隔離中の受講生の上限は10名としています。施設入所後、1週間の隔離生活を確保した上で本校での授業や活動に合流できるものとします。
  • 現地での隔離生活を送られるにあたっては、担当者の指示に厳密に従ってください。
  • ②を選択されたオンライン受講の場合は、所定の手続きを済ませた後は4月26日の始業式をお待ちください。

2021年3月15日

 

特定非営利活動法人 国際教育研究会

みくに国際学園


例年行ってまいりましたみくに国際学園湯沢本校での宿泊型授業は、多くの時間をネイティブの講師たちとともに過ごす英語漬けの日常となれることから、本学園の大きな特徴でもありました。しかし、2020年は世界が新型コロナウイルス感染拡大による影響を受ける中で、春学期と夏合宿の授業はやむを得ずオンライン形式で対応させていただきました。その結果、受講の申し込みをされていた方々の中にはキャンセルされる方も少なくありませんでしたが、この制限された環境を受け入れ、熱心に学び続け、ご自身の能力を伸ばしてくださった学生の皆さんがいてくださったことに、学園の講師陣や運営スタッフ全員が励まされ、心温まる閉講式を迎えることができました。受講生の皆さん、心から感謝申し上げます。

 

新型コロナウイルスの出現は日本だけでなく世界の日常生活や経済が大きく変わるほどの“危機”です。しかし、これまでに経験したことのない環境の中にあって、学園スタッフによりよいものを創り出す機会を与えてくれました。かつて みくに国際学園で受講した先輩有志たちが学生サポート部のメンバーとして、受講される皆さんの相談に乗ったり、楽しいオンライン活動を計画してくれたりしています。また、オンライン授業に踏み切ったことにより、日本の自宅にいながらにして米国の優れた実績を持つ優秀な講師陣による授業を受けることもできるようになりました。

 

このように考えると、新型コロナウイルスがもたらした未曾有の“危機”は、みくに国際学園で学ぶ学生にとっては、今や大きな“チャンス”となって後押ししてくれています。「危機はチャンス、いや、危機こそチャンス」となっているのです。目的を持って、誰かの人生に貢献できる未来の自分を描きながら一緒に学びましょう!  自分を成長させる環境を創り出すのは、常に自分自身であることを忘れないでください。

 

さて、理事会では新型コロナウイルス感染拡大による現状は楽観視できないと判断し、2020年の秋学期を含め湯沢本校での宿泊型授業は、授業再開公式発表があるまでオンライン形式に替えさせていただきますことを併せてお伝えいたします。

 

2020年9月16日 

 

特定非営利活動法人 国際教育研究会

みくに国際学園